消えた1000円

わたしがいつも話のネタに困ったときにいつもする「消えた1000円」という話があるんですけど、けっこうおもしろいので聞いてください。話というか問題形式なんですけど、わたしはこの問題が理解できなくて3日ほど思い悩みました。

分かってしまうと当たり前なんですど、分からないときはどう考えてもわからない。そして人にこの話をしてあれっ?って顔を見るのも楽しいですよ。というわけでさっそくはじまりはじまり~。

スポンサードリンク

消えた1000円

大学生3人が卒業旅行にとある旅館に泊まりに行きました。
旅館についた学生3人は前払いで宿泊代を仲居さんに払います。
宿泊代は1人10000円。
3人だから30000円ですよね?

その30000円を預かった仲居さんは女将さんにお金を持っていきました。
すると女将さんは
「学生さんなんだから割引きしましょう」
と粋なことを言って30000円のうち5000円を仲居さんに渡し返すように言いました。

仲居さんは5000円を返す途中でこう思いました。
「待てよ?3人で5000円は割り切れないよねぇ。」
そこで仲居さんはあろうことか5000円のうち2000円を自分のポケットに入れて、残りのお金を学生たちに返しました。

さて、問題はここからです。
結局、学生たちは1人1000円割引きになったことになりますよね?
つまり3人×9000円=27000円です。
そしてさっき仲居さんがくすねた2000円を足すと。。。
あれっ?1000円足りなくないですか?

。。。と言う話。謎が解けたかな?
この問題は頭が良いから分かるというものでもないみたいです。試しに私の知り合いで高校の国語と数学の教師をしている2人に出したところ、首をひねっていましたから。
分からない人は紙に書いてみると分かりやすいかも。
ぜひ会話のネタに困ったら使ってくださいね。

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください