もうフケで悩まない!フケが出る原因と10の対策!!

ある日肩がフケで真っ白になっていてあわてたことはありませんか?
もしくは髪をちゃんと毎日洗ってるはずなのに髪にフケが媚びついてて焦ったことは?

これらのフケの原因はさまざまで、単純にフケが出るからといってシャンプーの回数を増やしたり髪を切ったりしても根本的な解決にはならないんですよね。それどころかフケに対するケアの仕方を間違えると余計にフケを増やしてしまう結果になったりするんです。

かくゆうわたしもある日頭が無性に痒くなってフケが出てくるようになりました。そこでまずはフケの正体と原因を探って、その原因にあったフケ対策をしたところ、あっさりフケが治ってしましました!今回はフケについていろいろ調べて分かったこと、効果があることをまとめてみました。

スポンサードリンク

フケが出る原因は?

髪から出るお菓子のくずのようなフケ(頭垢)。フケって不潔なイメージしかありませんがこれって一体何でしょう?実はフケは頭皮の古い角質細胞がはがれ落ちたものです。人間は頭皮だけじゃなくて体全体の皮膚は新しい肌が再生して、古い角質が剥がれ落ちるという新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。新陳代謝なので人間誰しもフケは出ているということです。なのでフケが出るということ自体当たり前のことですね。

ただ、普通のフケは目に見えないほどの小さいもの。フケがたくさん落ちてきたり、フケが髪にこびりついたりするのは頭皮のターンオーバーが何かしらの原因で正常になされてないということが原因です。

フケの種類

フケは2種類に分けられます。

・乾性(かんせい)フケ
・脂性(しせい)フケ

この2つのタイプによって頭皮ケア、フケ対策が異なってきます。
まずはそれぞれのフケについて説明します。

乾性フケ

乾性フケはカサカサのフケ。あたまを掻くとすぐにパラパラ落ちてきます。黒い服を着ているとよく目に付くことも。乾性フケは皮脂が不足することが原因で起こります。頭から出るアブラですね。

皮脂っていうのは頭皮の水分の蒸発を守る役目をしています。健康な頭皮の場合、適度な皮脂によって水分の蒸発を防いでくれています。つまり、この皮脂が不足すると頭皮は水分を保つことが出来なくなり乾燥します。そして頭皮が痛みやすくなるので、抜け毛やかゆみに悩まされる原因になるわけです。

更に皮脂は紫外線から頭皮を守る役割もしています。皮脂がフタや帽子の役割になってくれているわけです。これがないと紫外線の影響を受けて肌トラブルにつながります。

頭皮が乾燥する⇒かゆい⇒頭をかく⇒頭皮の角質がはがれる(フケが出る)⇒さらにかゆくなる⇒掻きむしる(フケが更に出る)⇒頭皮を痛める⇒抜け毛等の他のトラブルを招く
ということになります。

脂性フケ

脂性フケは湿ったベタベタとしたフケです。脂性フケは髪にこびりついていることが多いのが特徴です。頭を搔くと爪の中に入り込こんだりします。

脂性フケは「マラセチア」という菌が原因で起こります。マラセチアはカビの一種です。カビといってもは人間の体にある程度は存在してるものなんです。そしてマラセチア菌は頭皮の脂分を栄養にします。なので汗や皮脂が多い人はマラセチアが繁殖しやすいのです。

マラセチア菌は顔のニキビの原因にもなってます。ニキビや吹き出物がある人の中には脂性フケで悩むことが多いです。マラセチア菌はからは「酵素リバーゼ」を分泌します。この酵素リバーゼが頭皮の皮脂を脂肪酸(遊離脂肪酸)に分解するのです。そしてこの脂肪酸こそ、頭皮の炎症を引き起こしたり頭皮のニオイの原因になったりします。

この脂性フケは病院での治療が難しいといわれています。その理由はこのマラセチア菌の種類が多いから。実に11種類にも分かれていて、ピンポイントで菌を確定するのが難しいんですね。

あなたはどっち?乾性フケと脂性フケの見分け方

fuke1

乾性フケの見分け方

乾性フケの見分け方は学校や仕事に制服やスーツなどを着ていく人は昼休みなどに肩にフケが多量に落ちてないかチェックしてみてください。または頭を搔いてみて雪のようにどんどんフケが落ちてくるならば乾性フケの可能性が高いです。

脂性フケの見分け方

脂性フケの見分け方はまず鏡で髪に湿ったフケがこびりついてないかチェックしてみてください。またはクシを使って髪をとかしてみて、ベタベタしたフケがこびつくようであれば脂性フケです。

更に脂性フケの場合は顔、首などにニキビや吹き出物(脂漏性湿疹)が出ていることもありますので確かめてください。頭皮も顔の皮膚と繋がっているので、顔のトラブルが頭皮に現れることも多いのです。顔の一部だけテカテカアブラぎっていたりするのも脂性フケになる人の特徴です。

フケが気になって確かめた。でもいまいち確信が持てないというときは他の人にチェックしてもらうのも手です。例えば家族や友達、もしくは行きつけの美容室の美容師さんに聞いてみるなど。ただ、他の人に聞いても気になりだしたらどうしようもないので、どちらにしてもフケ対策はしておきましょう。

乾性フケの原因

頭からパラパラとめどなく落ちてくる乾性フケ。乾性フケになるとフケだけでなくかゆみをともなうことも多いです。かきむしってしまうと頭皮を傷つけ、更にフケが多く出たり抜け毛が増えるという悪循環になってしまいます。

この乾性フケになる一番の原因は頭皮から出る皮脂の分泌量が少ないからです。皮脂は頭皮の水分を蒸発しないように閉じ込めるという役割があります。そのため、皮脂が少ないと頭皮の水分が体温の熱で蒸発してしまいどんどん乾燥してしまいます。ではなぜ、皮脂の量が少なくなってしまうのでしょうか?
その要因を以下に紹介します。

乾性フケを引き起こす10の要因

気候の変化

乾燥する時期になると大気中に頭皮の水分を奪われやすく、乾性フケになる人がいます。また寒くなると血管が収縮して血流が悪くなり、新陳代謝が悪くなります。すると頭皮の皮脂の分泌も少なくなるので、結果、乾性フケになります。室内で多く過ごす人の中にはエアコンによる空気の乾燥状態が続くことでも乾性フケになることがあります。

食生活の偏り

偏った食生活をしていると頭皮の皮脂の分泌量が少なくなり、乾性フケになることもあります。特に頭皮の乾燥はビタミンB不足が乾性フケを引き起こす要因になるようです。

実際皮膚科に行くと、フラビタン錠とかピドキサール錠という薬が処方されますが、主にビタミンを補給するためのサプリ的な薬です。タバコやお酒、コーヒーなど人によってはこのような嗜好品がフケの原因になることもよくあることです。

生活習慣の乱れ

仕事がハードで寝る時間がない、夜更かししている、運動不足。。。このようなことが原因でホルモンバランスが崩れてしまうと、頭皮にも影響を与えて乾性フケが発生することがあります。女性が「化粧のノリが悪い」というのを耳にしたことはありませんか?化粧のノリが悪いのは肌に水分量が足りない=乾燥しているためです。顔の肌が乾燥しているってことは頭皮も乾燥しているってことです。そして化粧ノリが悪いのはだいたい生活習慣の乱れが原因です。同じことが男性にもいえるわけです。

年齢によるもの

人間の体って水分が7割っていいますよね?でもこれって子供のころの水分量で、大人になると5割くらいになります。更に歳とともに減っていきます。体内の水分量が減るということは乾燥しやすくなるということです。

歳を取ると新陳代謝も低下してきます。すると皮脂の分泌が少なくなり、乾性フケが出やすくなります。

環境の変化

引越しなどををすると環境の変化で体質が変わって乾性フケになることもあります。特に水が変わると体質が変わりやすくなります。水は飲んだり体を洗ったりと思ったよりも体に多大な影響を与えます。そこに環境に慣れないとストレスが加わるので尚更ですね。

ヘアカラー、パーマによるもの

美容室ではなるべく頭皮に優しい液剤を使っているかもしれませんが、それでも多少頭皮にダメージを与えてます。このダメージで頭皮が荒れ、乾性フケになってしまうこともあります。

遺伝

親からの遺伝で生まれつき乾燥肌の人がいます。ちょっとした拍子に乾燥肌になる人はもしかしたら遺伝かもしれません。

頭の洗い方

フケ=不潔というイメージをどうしても持ってしまうと思います。そのため、シャンプーを何度も繰り返したり、1日何回も洗髪すると余計にフケが多くなることがあります。洗いすぎは取らなくてもいい皮脂まで過剰にとってしまいます。かゆみからガシガシ洗ってしまうのももちろん頭皮を傷つけます。また、洗い流しが十分にされていない場合も頭皮の荒れの原因になります。

更に関係ないようですごく影響しているのが風呂から上がったときにタオルでゴシゴシ拭いて頭皮が痛めること。これは意外と頭皮を傷つけます。それと、髪がいつまでも濡れたままの状態だと、かえって症状が悪化してしまいます。

シャンプーによるもの

市販のシャンプーにはほとんど「界面活性剤」というものが使われています。この界面活性剤は汚れは取れる代わりに必要な脂分まで取りさって頭皮を乾燥させてしまいます。市販のメンズシャンプーは特に脂をることに特化しているので、更に乾性フケを悪化させる原因になることが多いです。

病気によるもの

病気の影響で乾燥フケになってしまうこともあります。例えば糖尿病。脱水気味になりやすく乾性フケの原因になります。甲状腺機能低下症も様々な症状が出ますが、頭皮の乾燥を引き起こす場合もあります。その他、乾性フケを引き起こすさまざまな病気があります。

乾性フケの対策と治す方法

fuke5

乾性フケは皮脂の分泌量が減り、頭皮の水分量が少なく乾燥するために起こります。その乾性フケを治すには体の内外を見直し、できる対策を全てやってみてください。自分の思いもよらない対策をしたことで乾性フケが治ることもありますから。

生活習慣を変える

乾性フケに限らず、体に異変が起きたときはまず、自分の生活習慣を振り返ってみましょう。夜遅くまで飲んで、睡眠時間もままならず仕事に行く。休みの日は疲れがたまって家でゴロゴロ、なんて乱れた生活をしていませんか?

このように乱れた生活をしているとある日気が付いたら乾性フケになっていた、なんてこともあります。まずは生活習慣で治せるところがないか確かめて生活を改める対策をしてみましょう。

その他に室内でも乾燥が気になるなら加湿器を置くなどして湿度を上げることや、室外に出るときは紫外線や花粉などから頭皮を守るために帽子をかぶるなどの対策をしましょう。

食生活を変える

いつも同じものばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。特にフケはビタミンB不足が原因で起こるので、ビタミンがとれる食事を心がけてみましょう。ビタミンBが多く含まれる食材として、玄米、卵、納豆、マグロ、バナナ、レバー、牛乳、小松菜などがあります。どうしてもビタミンが取る余裕がないのならサプリメントで補給しましょう。

また、水を多く摂取することも大事です。人間の半分は水分です。自分の体に合った水を多く摂取することで体質はガラッと変わります。

シャンプーを変える

意外とシャンプーを変えただけで乾性フケが治ってしまうことがあります。その場合、市販のシャンプーではなく、界面活性剤の入っていない自然成分で洗うスカルプ(頭皮に優しい)シャンプーをおすすめします。

頭皮ケア対策をする

シャンプーだけでなく、洗い方や頭皮ケア対策をすることで乾性フケを治すことに繋がります。また、髪に付ける整髪剤を変えてみる、ヘアカラーなど頭皮にダメージを与えるものをやめる、などの対策も有効です。

もともとの体質で乾燥肌の人は頭皮に付ける保湿ローションなどを活用してみましょう。

ストレス、心の問題を解決する

ストレスで自律神経の調子が崩れると、ホルモンバランスが崩れて乾性フケになることがあります。ストレスを抱えすぎているなら何かストレス解消になるようなことを見つけてください。

ただし、お酒はNG。ストレスからお酒を飲むと依存しやすく、病気になりやすいです。逆に楽しく飲んでる人は飲み過ぎてもあまり病気になりません。沖縄の人ってそうでしょ?(笑)

また、心にトラウマがあってそれが乾性フケとして現れることがあります。その最もなものは後悔や自分の心と反していることをしているとき。小さいときの感情のしこりかもしれません。その場合はちょっとめんどくさく感じるかもしれませんが、瞑想やヒーリング、カウンセラーなどに相談してみるのも手です。

病院で治療する

あまりにも頭皮のかゆみや赤みがひどい場合は一度病院で診てもらうことをおすすめします。もしかしたら違う病気が原因で乾性フケを引き起こしている可能性もあり、その場合は治療をするというのが一番確実に治すことができます。

脂性フケの原因

fuke3

髪の毛にかさぶたのようなフケが大量にこびりついている。手でとってみるとなにやらベタベタしたフケが取れた。これは脂性フケと呼ばれる症状です。脂性フケは髪にこびりついているので目立ってしまい、「不潔に思われるんじゃないか」と周りの目が気になり不安になります。

脂性フケはマラセチア菌という細菌が原因で起こります。人間の体にはさまざまな細菌がいますが、マラセチア菌もその中の1つ、カビの1種です。カビといっても普段は特に体に害をなすことはありません。

このマラセチア菌は皮脂をエサに増殖します。更に皮脂を分解して脂肪酸にします。この脂肪酸は大量に頭皮に付着すると炎症を起こすのです。つまり頭皮からアブラを出せばそれだけマラセチア菌が大量発生して炎症を引き起こしてしまうわけです。

その結果、頭皮が剥がれ落ち、脂性フケという状態になります。更に皮脂の分解物が毛穴に詰まり抜け毛の原因にもなります。ではなぜ頭皮の皮脂量が増えてしまうのでしょうか?その要因なるものを紹介します。

脂性フケを引き起こす10つの要因

気候によるもの

ジメジメした梅雨の時期にはマラセチア菌が増殖し脂性フケになりやすくなります。
また夏場も汗をかくので体内の新陳代謝が活発になり、皮脂量が増加することで脂性フケになります。特定の時期だけ脂性フケになる人は気候が原因である可能性が高いです。

食生活の乱れ

栄養が偏ることでホルモンバランスが乱れると、皮脂量が過剰に分泌されることがあります。頭皮のトラブルはビタミンBの不足でも起こります。ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べていたり、肉やスナック菓子や甘いお菓子を大量にとることも脂性フケを引き起こす原因になります。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れるとホルモンのバランスが崩れ、皮脂量が増えることもあります。そうなるとマラセチアのかっこうの餌食です。頭皮だけではなく、顔にまでニキビや吹き出物が出るなど影響します。

頭に身に付けるもの

頭に付けるもの、帽子やヘルメット、ブラシやクシなど。また枕など毎日使うものからカビ(マラセチア菌)が増殖します。キレイに頭を洗って清潔に保っていてもこういう媒体から脂性フケの原因になることがあります。

環境の変化

引越しして新しい場所に移り住むことで、まったく違った環境になると、食べるものも水も気候も変わってくるので、体がいろいろと体の不調を起こす事もあります。更にストレスが加わり、それが原因でホルモンバランスが崩れ、皮脂量が増えることもあります。

髪に付けるものが原因

いつも髪に付けてるワックスやジェル、ヘアスプレーなどが頭皮に付着し、頭皮が荒れることがあります。またヘアカラーやパーマ剤は頭皮にダメージを与えるものです。市販のものにはテストパッチがついていますよね?これを無視して使ったりすると脂性フケになってしまうこともあります。

頭の洗い方

脂がいっぱい出るからと言って過剰に洗ったりするとかえって皮脂量は増えることがあります。洗いすぎて皮脂量が足りなくなると、脳はもっと余分にアブラを送り込むことがあるからです。熱が出たときって体の体温を上げてウイルスを殺しますよね?これは体が元の状態に戻ろうとするホメオシタスという効果が働くからです。このホメオスタシスによって体は元の状態に戻ろうとするので皮脂を過剰に取るとまた余分に皮脂を排出しようとするのです。

また、爪を立てて頭皮をガシガシ洗ったりすると傷から菌が繁殖します。細菌は傷があるとそこから異常発生します。おまけにニオイも発生します。

シャンプーを十分に洗い流さないとこれまた頭皮を傷めます。もちろん風呂上りにゴシゴシ頭をこすることでも脂性フケを悪化させます。それと、髪を濡れたままにしておくと菌が増殖してそこから脂性フケになることも多いです。

シャンプーが原因

市販のシャンプーは過剰に汚れをとる界面活性剤が含まれているため、汚れは取れても余分な栄養まで取ってしまい、結果的に皮脂を増殖させる原因になります。シャンプーを変えたとたん脂性フケになったというケースもよく聞きます。
⇒1度使えばクセになる!メンズシャンプー人気おすすめベスト3

遺伝によるもの

親からの脂性体質が何パーセントくらい受け継ぐのかは未だ医学では解明されていませんが、遺伝的に脂性フケになりやすい人もいます。頭皮だけでなく、顔や体全体が脂性の場合が多い為、比較的見分けやすいかもしれません。

病気によるもの

体のさまざまな病気が脂性フケを引き起こす原因になることもあります。体に異変があるということはホルモンバランスや自律神経に異常があるということなので、体の分泌量のコントロールが狂ってしまうのです。

脂性フケの対策と治す方法

fuke6

脂性フケは頭皮から皮脂が大量に分泌されることで起こります。なのでその皮脂の分泌を少なくするための対策が必要になります。脂性フケは放っておくと頭皮が炎症を起こし、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という病気になります。この脂漏性皮膚炎になると治療がやっかいなので、病気になる前に早めにできる対策をしておきましょう。

生活習慣を正す

もし、体にとって負担になるような生活習慣をしているならそれを改めるだけで脂性フケは治ることがあります。特に寝不足や運動不足などがあるなら解消するための対策をとりましょう。どちらも体質を変えてしまう大きな要因です。

食生活を正す

同じように食生活を改善することも脂性フケを治すことに繋がります。フケはビタミンB不足で過剰に出てしまうので、野菜を多くとること。あとは肉やチーズ、嗜好品などを控えるようにしましょう。時間が無い、めんどくさい、好きだからなどの理由で偏った食生活をしていると脂性フケが出やすくなりますよ。

ストレスを解消する

ストレスなどでホルモンバランスが崩れると脂性フケの原因になります。ストレスの解消法は人それぞれ違うと思いますので、自分にあったストレス解消法を見つけてください。

また、心のトラウマなどが原因で急に脂性フケを起こす人もいます。この問題を解決するにはヒーラーやカウンセラーなどの専門家に手を借りることをおすすめします。

頭皮の清潔を保つ努力をする

脂性フケはマラセチア菌の増殖でおこるので、その温床となる菌を増殖させないようにすることで脂性フケを抑えることができます。

例えばマメに枕カバーやシーツを変える。帽子もなるべくクリーニングなどに出す。服を毎日清潔にしておく。クシを使うなら洗って抗菌しておく、など。また、手で頭を触るときに手の細菌が頭皮に付くのでなるべく気になっても触らないようにすることが大事です。

頭の洗い方に気を付ける

アブラぎっているからといって頭を洗いすぎると余計にひどくなることが多いです。なるべく頭皮を傷つけないように優しく洗いましょう。汚れは泡で落とすものでゴシゴシして落とすものではないのです。また、風呂から上がったらドライヤーでしっかり髪を乾かすことも脂性フケ対策になります。頭皮は湿っていると細菌をどんどん増やしてしまいますからね。

シャンプーを変える

シャンプーを変えたら脂性フケが治ったという話はよく聞きます。市販のシャンプーではなく、自然成分をふんだんに使った頭皮に優しいシャンプーを使うことで、その効果を実感できます。
⇒1度使えばクセになる!メンズシャンプー人気おすすめベスト3

病院で治療する

あまりに症状がひどい場合は病院で診てもらった方が良いです。もしかしたら体の病気からくることもあるし、早く見つかれば安心するはずです。一番不安なときって原因が分からないし治らないときですからね。

スポンサードリンク

もうフケで悩まない!フケが出る原因と10の対策!!」への1件のフィードバック

  1. ( ^ω^)

    詳しい情報と解説、どうもありがとうございます。

    これから頭皮改善をしていこうと思います。
    ( ^ω^)どうもありがとうこざいました。

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。