【島根観光】須佐神社の奇跡の水を汲みに行く

以前に島根を旅行したときに訪れた須佐神社(すさじんじゃ)。境内のお水をいただいたところ、妻の肌のトラブルが一瞬で治癒したことから、ずっと気になっていました。そこで今回、島根に来たついでに須佐神社へ参拝してみることにしたのです。

スポンサードリンク

須佐神社へ

前回は出雲大社から須佐神社へ向かったので川沿いの道をクネクネきた記憶があるのですが、今回は松江城⇒須佐神社コースで、こちらも「ドラゴンロード」なる山道をやっぱりクネクネしながらやってきました。運転してなかったら酔いそうです。

須佐神社は山の中にあり、それほど大きな神社ではないのですが、木々や川から澄んだエネルギーが感じられて、個人的には大好きなパワースポット。(あと近くに温泉があるのも魅力♪)

須佐神社は名の通り、須佐之男命(スサノヲノミコト)とスサノオの家族をご祭神としています。
ちなみに「須佐大宮」とありますが、これは江戸時代の名前です。

手水舎と亀

手水舎があり。。。

何やらムシロが敷いてあるなと思ってよーく見たら、亀の形をした岩にムシロを甲羅に見立てたものでした。
亀だから長生きしますように、ということかな?と思って石碑を見たら「神魂の 杖ともならむ亀すがた 世人の道を祓い清めん」と刻まれていました。この亀が人の道を清めてくれますように、という意味なのかな?よく分かりませんが有り難い亀様です。

随神門

参道の真ん中に随神門があります。
随神とは神域を守る神様ということで「豊磐間戸神(トヨイワマドノカミ)」と「櫛磐間戸神(クシイワマドノカミ)」がそれぞれ左右に祀られています。

末社

境内の左右に東末社と西末社があり、神様がたくさん祀られております。

天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
天穂日命(あめのほひのみこと)
天津彦根命(あまつひこねのみこと)
活津彦根命(いきつひこねのみこと)
熊野樟日命(くまのくすびのみこと)
市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)

塩井

こちらが「奇跡の水」とわたしが勝手に呼んでいる「塩井(しおのい)」。
須佐神社には7不思議というものがあり、その1つがこの塩井。
スサノオがこの潮を汲んで清めたと云われています。

塩井は稲佐の浜に続いていて浴用、飲用すれば万病に効くそうです。衛生的に大丈夫だろうか?と思いながら勇気を出して飲んでみたら確かに塩気がありました。産湯に用いれば子供が健康に育つとのことなのでペットボトルに入れて持ち帰りさせていただきました。

神馬

須佐神社7不思議のうちの1つでもあるこの神馬(しんめ)。社記によると奉納された馬はどんな毛色でも後に必ず予知能力のある白馬に変わったのだそう。吉兆禍福や国の大事を予知したといわれています。

拝殿

2拝2拍手1拝ですが、更に最初と最後に軽くお辞儀するのが須佐神社での正しい作法。須佐神社のHPを見ると参拝方法や御祈願の受け方などが書かれていました。

お辞儀の深さや姿勢など動画付きでこれほど詳しく紹介されている神社はあまりないので参拝、祈願される前に一読しておくことをおすすめします。
須佐神社HP(参拝方法)

本殿

出雲大社と同じく、大社造りと呼ばれているご本殿。そう言われれば大きさが違うだけで出雲大社の造りと同じです。
画像では写っていませんが、入り口が右側あり、これは他の神社や仏寺で例が無いそうな。(県の重要文化財に指定)

また御本殿の屋根にある千木(ちぎ)が垂直であることから男の神様(須佐之男命)が祀られていることを表しています。

社務所

拝殿の横にある社務所。
護符や御守り各種置いてあります。

御守りと御朱印もいただきました。

大杉さん

須佐神社は元々は宮尾山の山麓にあったものが天長年間(西暦824~833)に、現社地に遷されたということから樹齢1300年を超えるだろうと云われるご神木。

大きさに圧倒されます。
柵で囲ってあるので直接幹に触れることはできません。何で柵なんかで囲ってあるのだろうと調べてみたら、この須佐神社が凄いパワースポットだと紹介されてから、一躍脚光を浴びたことで、参拝客が杉の皮をはいで持って帰っていたそうな。。。

ということで大杉さんの幹には触れませんが、見ているだけでも落ち着きます。

稲荷社

大杉さんの後ろに稲荷社があり、稲倉魂命(うかのみたまのみこと)が祀られています。
妻が拝殿でどうしてもお金に関してのお願い事が出てこなかったのに稲荷社に来たら急に思い出したようで一生懸命願い事してました。

相生の松

須佐神社7不思議の1つ。
相生(あいおい)の松。雌雄両肌を持った松があったそうですが、昭和の初めに枯れてしまったっそうです。

相生の松はありませんが、拝殿の横に「相生の杉」を発見しました。確か貴船神社に参拝したときに「夫婦共に長生き」という意味が込められていました。どこにも紹介されていませんが、貴重だと思います。

三穂社(下社、下の御前)

境内の一番奥にある社。
三穂社には三穂津比売命(みほつひめのみこと)、事代主命(ことしろぬし)が祀られています。
同じ島根県の美保神社に全国のエビス神社の総本山としてこの2神が祀られています。

天照社(上社、上の御前)

道を挟んで天照大神(アマテラスオオミカミ)が祀られています。
天照はスサノオのお姉さんでスサノオが悪さをしたときに追放したという話がありました。
ここからスサノオを見守っているのでしょうか。

こうやってみるとスサノオの周りをたくさんの神様が守っているということが分かります。

ゆかり館

素鴨川を挟んで道の駅、お食事処と温泉旅館「ゆかり館」があります。
わたしにとってのもう一つのパワースポットです(笑)。
もちろん日帰り入浴して帰りました。
赤外線サウナあり、露天ありでとっても良い温泉でしたよ♪

須佐神社は他の観光地からついで参拝するには少し遠いのですが、温泉に入ったり美味しいものを食べるというプランがあれば参拝するのがより楽しみになるのではないかと思います。

須佐神社詳細はココをクリック
須佐神社

住所/〒693-0503
島根県出雲市佐田町須佐730
TEL/0853-84-0605
受付時間/9:00 ~ 16:00

ご祭神
須佐之男命(すさのをのみこと)
稲田比売命(いなたひめのみこと)
足摩槌命(あしなづちのみこと)
手摩槌命(てなづちのみこと)(須佐家の祖神)

島根県出雲市佐田町須佐730

スポンサードリンク

【島根観光】須佐神社の奇跡の水を汲みに行く」への2件のフィードバック

  1. 山陰の日々

    記事を読んで ちょうど島根県飯南町に泊まったので 行ってきましたよ。
    国道54号線から 県道39号線を通って行ったら 驚くほど良い道路でした。

    生憎の雨と低温で 冷え込んでしまいました。
    特別な運気やパワーは感じなかった私ですが しっかり御朱印はいただいてきましたよ。

  2. キンタロウ 投稿作成者

    >参考になっていたら幸いです^^
    御朱印をいただくのも楽しみの1つですよね^^

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。