ピアノ絵本が楽しい!ハローキティのピアノ絵本を買ってみた!

生後3か月の娘にピアノを弾いて欲しい気まんまんのわたしは、早くもピアノ絵本を購入することにしました。ところがピアノ絵本と言ってもたくさん種類があるんですよ。見ているうちにとても悩んでしまいました。

スポンサードリンク

ピアノ絵本を決める決め手になるもの

まず、ピアノ絵本がどれくらいあるかというと

ピアノ絵本

こんなにあるのですよ。

1つ1つ見て行ったのですが、途中でどれも同じに見えて、何が良いのかさっぱり迷子になってしまいました。で、結局どうやって決めたのかというと、女の子だから「キティちゃんでいっか」という安易な考え(笑)。

キティーちゃんのピアノ絵本

さっそく購入して開いてみました。
まず、機能としてボリュームが2段階、電源を入れると「チャラリララ~」と音が鳴ります。

曲は童謡やクラシックなど24曲。対象年齢が3歳以上とかありますし、0歳児の娘が楽譜を読むことなどできないのですが、親や兄弟が弾く分にはとても見やすいです。音の選択はピアノと鉄筋でテンポも速い、遅いを選ぶことができます。

曲はボタンをタッチすると1曲流れます。
伴奏も適度に入っており、ちょうど良い感じです。

機能は他に
【かんたん演奏】曲を選択してからタッチすると、どの鍵盤をたたいても曲になる。弾けた気になる。
【はっぴようかい】「ジャーンジャーーンジャーーーン」と演奏の前に流れる音が流れてテンションが上がる。
【ぜんきょくえんそう】曲のボタンを押さなくても24曲すべての曲が順番に流れる。いちいちボタンをおしてあげる手間が省けて便利。

実際に娘に遊ばせると、集中して鍵盤というか絵本自体をバンバンたたいたり、ピアノ絵本をしゃぶったり(笑)とかなり気に入ってくれたようです。そして子供よりも親や兄弟の方が夢中になってしまいました。

ピアノ絵本、何でも良かったと思いますが、とにかくとても遊べるおもちゃなので、子供がいる1家庭に1つはあると良いなと思いました^^
ピアノ絵本

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。