200円で入れる関金温泉「関の湯」

関金温泉「関の湯」は源泉掛け流しの温泉でたった200円で入浴できる穴場スポット。鳥取県では最安値の温泉です。明治36年に近隣の住民が共同で造った共同湯で通称「元湯」とも呼ばれ、今でも地元住人の憩いの場として愛されています。ちょっと立ち寄るにはちょうど良い感じの温泉です。

スポンサードリンク

関の湯へレッツゴー♪

車で国道313号線から関金温泉街の上り坂を車でずぅっと登って行くと、左側に「掛け流し」というのぼりが見えてきます。その先が関の湯。奥には老舗旅館「温清楼」(現在休業)、道向かいには大滝山地蔵院があります。車は向かい側の大滝山地蔵院に停めさせてもらえるようなので車を停めてテクテク歩いていきました。

民家のような関の湯

関の湯の外観を改めてみると大衆浴場というより、民家っぽい建物。玄関の横には自動販売機が設置されています。関の湯の入口の上に「尋の湯」という看板。昔ここに大きなお寺があった名残りでしょうね。

引き戸を引くと公民館みたいな感じの下足場があって、正面に番台、左手前が男湯、左奥が女湯。歴史の長い建物のようですが内装はリフォームされていて小奇麗です。

sekinoyu 025

この日はたまたま番台には誰もいなかったんですが、(風呂掃除してたみたいです)気にせず200円置いて入りました。あとで聞けば、貴重品は番台で預かってもらえるとのこと。

脱衣所

sekinoyu 018

のれんをくぐりドアを開けると脱衣所。こじんまりとしているけど、普段は込み合うことは少ないので十分な広さです。ランドセルがあったら入れたくなるような棚が設置されていました。

いざ浴場へ!

sekinoyu 023

余計なものが一切ないシンプルな浴場。男湯と女湯が半分に板で仕切られています。

sekinoyu 020

昔はこの仕切り板の下の方に小さな穴が開けられていて、そこから女湯と石鹸を受け渡ししたりできたのですが、さすがに塞がっているみたいです。のぞこうと思えば簡単にのぞける穴だったので誰かのぞいて問題になったのかもしれません。いや、わたしじゃないですよ(必至)

手洗い洗面台が隅に一基、その隣に洗面器がピラミッド状に積まれています。
腰掛けいすは無いので床のタイルに座って体を洗います。というかアメニティー(シャンプー、リンス、石鹸)は一切ありません。更にいえばシャワーとかカランとか西洋かぶれたものも一切ありません(笑)。お湯はすべて浴槽内から汲み取る昔ながらの方式です。

浴槽に入ってみる

松の木で作られた浴槽は白鵬が1人すっぽり入れるくらいの大きさです(会ったことないですけど)。体を洗って浴槽に入ると思いのほか深い!おもわずよろけてしまいました。浴槽内に段が備え付けてあったのでここから入ればよかった。

泉質は白い湯の花も少し浮いていて微濁り、ほぼ無臭。お湯は飲めると書いてあったのでちょっと飲んでみました。まろやかな味(のような気がする)。

ぬるめのお湯だったのでついつい長湯してしまいました。しばらくすると地元のおじさんたちが入ってきたのでしばらく話しを聞いていたんですけど、半分くらいしか理解できませんでした。やっぱり地元の方言は違いますね。

人も増えてきたので上がって服を着て出ます。ドライヤーはないのでそのまま脱衣所を出ると番台にはいつの間にかおばさんがドロ沼系の昼ドラを見ながらお茶してました。少し話を聞いてみると、湯温が低いのは温泉を掘りすぎたせいなのだそうです。冬は加温もしてくれるということなので湯冷めはなさそうですね。とにかく温泉で200円は超安いので立ち寄った時には利用しようと思いました。

関の湯まとめ

  • 懐かしい昭和の香りがほのかに残る温泉でした。
  • 洗面用具はないので持参しましょう。
  • ドライヤーはありません。
  • 駐車場は向かいの大滝山地蔵院です。トイレもここで済ませておきましょう。
  • 湯温はぬるめ。冬は加温するそうです。冬と夏で営業時間が違うので注意。
  • 坂が急なので雪の時期は行くまでが大変かも。

関の湯の詳細はココをクリック
関金温泉 関の湯(せきのゆ)
別名/元湯、尋の湯
住所/鳥取県倉吉市関金町関金宿1227-1
TEL/0858-45-3186

営業時間/6:30~21:00
(10月1日~3月までの間は朝7:00~)
休日/毎月1日,15日

タイプ/源泉掛け流し
泉質/単純弱放射能泉
泉温/39.5℃

鳥取県倉吉市関金町関金宿1227-1


関金温泉の見どころをチェック!
⇒関金温泉~湯湯自適なひとときを~

鳥取県の温泉もチェック♪
⇒鳥取の温泉(日帰り入浴)を満喫しよう♪

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。