三朝温泉「 万翆楼(まんすいろう)」で極上日帰り入浴♪

三朝温泉「万翆楼(まんすいろう)」は三朝温泉にある老舗有名旅館の1つ。温泉効果はもちろん、わたしがおすすめするポイントは何といっても万翆楼の空間演出の素晴らしさ!旅館や温泉内の随所にリラックスできる空間や期待させる空間などが施されており、心から安らげる温泉だなぁと思います。

スポンサードリンク

万翆楼へ日帰り入浴、ところが。。。

mansuirou2

三朝温泉へ向かい、万翆楼へ到着。駐車場は道向かいにありました。改めてみるとかなり大きな建物ですね。格式高い感じがします。

mansuirou4

で、入口の看板をみると、なんと入浴時間が15時からと書いてあるんですよ。んーどうしよう、まだ昼すぎだしなぁ。。。と考えた末に、とりあえずダメモトで交渉してみようかと(笑)。

建物に入ってエスカレーターが正面にあったのですが、メンテナンス中だったので横のエレベーターで2階フロントへ。おそるおそる事情を話し、なんとか入れないでしょうかとお願いしたところ、なんとOKが出ました。いやー、頼んでみるもんですね。

大浴場までが楽しい

mansuirou5

さて、フロントで料金を払って大浴場向かうのですが、まずフロント後にあった喫茶に目を奪われました。なんとも美しい庭園から滝が流れ落ちています。池には鯉も泳いでいて心落ち着きます。

しばし見とれてから大浴場まで向かうのですが、けっこうクネクネして距離がありました。でも遠いなぁなんて感じません。なぜなら曲がり角を曲がる度に景色が変わってワクワクするからです。

例えばこの観音様(お薬師様)。

mansuirou6

大浴場の途中に出会えます。旅館の中にこれほど大きくて立派な観音像が安置されている旅館は他にはそうありません。この観音像は平安後期から鎌倉初期の物と言われております。万翆楼の旧木造棟の建設及び温泉の掘削の際に土の中から出土したそうな。とにかく立派な姿なんです。

mansuirou7

おまけにお薬師像の横には源泉が飲める場所があり、座って眺めながらゆっくり源泉を飲むこともできます。

mansuirou12

更に曲がり角をまがり

曲がり

曲がり

実はもう1周して元の場所に戻ったのではないかというくらい曲がって(笑)

最後はノスタルジーな和室に到着。
ここで男湯と女湯に別れています。

温故知新の大浴場

mansuirou1

大浴場は温泉では珍しい赤色系を用いていますが、不思議と落ち着く造りです。風呂桶や椅子などズッシリしていたり、色が少し剥げ落ちているところなどちょっとしたところに歴史も感じます。

アメニティーは「馬油」のシャンプー、トリートメント、ボディソープと揃っており、脱衣所にタオルも備え付け。あとびっくりするくらいシャワーの勢いが強い!気をつけないとシャワーが暴れ馬みたいになります。

体を洗っていよいよ入浴♪お湯の温度は42度前後で少し高め。オーバーフローは申し分ないくらい溢れています。そして、この大浴場は露天もあるのです。

mansuirou8

mansuirou9

露天風呂にはすだれがかかっていて、鳥の鳴き声や草花を見て季節感を味わいながらゆっくり浸かることができます。風が吹くと極上の気分。

時間外の入浴で図らずも貸切状態になったので、1人贅沢に温泉を堪能できました。

湯上りが格別な気分を味わえる

mansuirou11

湯上りは備え付けのタオルで体を拭いて、扇風機で体を冷やします。血圧計があったのでついでに測ってみました。更に奥の方には足裏マッサージの機械(無料)があります。これがまたキモチイイ。

マッサージをしたら体に力がはいらなくなるくらい脱力してしまい、とりあえず洗面台に座って髪を乾かします。ドライヤーの風は強くないですが、思ったほど弱くもないです。

脱衣所を出たら和室に備え付けの水を飲んでオレンジのソファーでくつろぎます。ホントにもう何もしたくないw

mansuirou10

参拝もできて、くつろげる満足指数の高い日帰り温泉でした。できれば泊まってみたいです。

万翆楼の詳細はココをクリック
三朝温泉「万翆楼(まんすいろう)」
住所/〒682-0122
鳥取県東伯郡三朝町山田5
TEL/0858-43-0511
FAX/0858-43-2616

日帰り入浴
入浴時間/15:00~21:00
入浴料/1000円

鳥取県東伯郡三朝町山田5<br />


万翆楼に宿泊してもっと温泉を楽しもう♪
【宿泊予約】三朝薬師の湯 万翆楼

三朝にはまだまだ魅力がいっぱい♪
⇒三朝温泉┃世界屈指のラドン温泉と日本一危ない三徳山

鳥取県の温泉もチェック♪
⇒鳥取の温泉(日帰り入浴)を満喫しよう♪

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。