「リポート」と「レポート」の意味って?何が違うの?

「リポート」と「レポート」ってそれぞれどういう意味でどのように使い分けしてすれば良いか分かりますか?TVでは「リポーター」と呼ぶし、学校では「レポート提出」と言ったりしますね?

わたしも先日記事を書いていて「レポートします」と書いて「あれ?これリポートだっけ?」と迷ってしまいました。そこで「リポート」と「レポート」の使い分けと意味の違いについて調べてみました。

スポンサードリンク

どっちでも良い!

結論から言うと「どっちでも良い」のだそうです。
基本的には「リポート」も「リポート」も意味は同じ。

「リポート」「レポート」の解説

そもそもこの「リポート」「レポート」は英語で書くと
どちらも「Report」。これを日本語で読むと「リポート」「レポート」とどちらでも読むことができます。

昔はローマ字読みした「レポート」・「レポーター」という言い方が広く使われていました。それが1980年代にマスコミ関係では音源に近いことから「リポート」「リポーター」などと統一して使うようになったそうです。ただ、大学などでは従来からの表記がそのまま受け継がれて「レポート」と呼ばれています。

ということなので、一般的には

報告書や小論文のような文章が「リポート」
画像や映像を「レポート」

というイメージが日本人には定着しているようです。

元々の意味は同じなのですが、伝わるニュアンスが微妙に違ってくるので気になる人は使い分けると良いと思います。

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください