それ捨てるの待って!!キッチン掃除で使える以外な食材と裏技

料理したあとの生ゴミってそのまま捨ててませんか?実はその食材、まだ再利用できるかもしれませんよ。今回は身の回りの食材や捨ててしまうものを再利用してキッチンを掃除する先人の知恵をご紹介します。

スポンサードリンク

シンクまわり

シンクまわりは台所洗剤を使わなくても、料理のあまったものでキレイにすることができます。節約できるし、手にもやさしいので試してみましょう。

ジャガイモの皮の裏

jyagaimo2

ジャガイモの皮をそのまま捨ててはいないでしょうか?
ジャガイモの皮はシンクを磨いて水で流すと、曇りを取ってくれる効果があります。捨てる前にひとこすりしましょう。

ミカンの皮

シンクの油汚れにはミカンの皮が効きます。ミカンの皮は油を中和してくれる上にツヤまで出してくれるんです。一石二鳥とはミカンの皮のことなのだ。皮をまるめて磨けばぴかぴかに♪

小麦粉

小麦粉はクレンザー代わりになります。キッチン周りにこぼれた小麦粉はスポンジで吸い取ってシンクをこすると、こするほどにキレイになる。もうやみつきです。

ラップ

実はラップも使えます。料理などで使った後そのまま捨てるのはもったいない。
丸めてこすれば曇りが取れます。

三角コーナー

sankaku2

三角コーナーはとにかくヌメル。そんなヌメリをすばやくとってしまう裏技を紹介しましょう。

アルミホイル

三角コーナーのヌメリにはアルミホイルをピンポン玉くらいに小さく丸めて三角コーナーの中に入れておくだけでヌメリが抑えられます。アルミホイルに水がかかるとアルミから金属イオンが発生しその抗菌作用でヌメリや汚れを落としてくれるというわけです。

蛇口まわり

キッチンの中でも蛇口の掃除はやっかい。すぐ汚れるしなかなか汚れが落ちない。
そんなときはコレを使ってみましょう。

歯磨き粉

歯磨き粉には研磨の効果があるので布に付けて磨くとピカピカになります。
また、古いストッキングでもきれいになる。細かいところは古い歯ブラシが便利。

ガスレンジ

gasukonro2

キッチン掃除の中でガスレンジって1番手がかかります。いくら洗剤でこすってもなかなか汚れが落ちない。そんなときに...

重曹、酢を使おう

油汚れがこびりついてしまったら重曹と酢の出番。
重曹をガスレンジの油汚れ部分にササッと振りかけ、湿らせた布でよく磨く。
するとなんということでしょう!!あんなに頑固だった油汚れがあっという間に落ちてしまいます。仕上げに水で薄めた酢水を使って布で拭けばスッキリ!

ちなみに軽い油汚れなら、酢だけでも十分落とせます。
スポンジに酢を付けて、汚れた油を拭き取り、後で水拭きとカラ拭きをすればパーフェクト!

ビールも使えるよ

飲み残してしまったビール。捨てるのはもったいない。そんなときにはビールを布に含ませて拭くだけで笑っちゃうくらい汚れが落ちます。ビールの臭いがきになるかもしれませんが、10分もたてば臭いは消えちゃうのでご心配なく。

油汚れがヒドいときは直にビールをかけて5分くらい放置して、布で拭き取ればOK!

ガスレンジの受け皿は?

煮物やみそ汁などを拭きこぼれてしまったときにガスレンジの受け皿に汚れが媚びりついてしまいます。その汚れがなかなかとれず苦労したことはないでしょうか?

そんな時は大きな鍋に受け皿を入れてグツグツ煮ます。
すると汚れが浮き上がって落としやすくなるのです!

換気扇

kankisen2

換気扇の汚れはお手上げ感が強い。できれば見なかったことにしたいところですが、放っておくと大変なことになる。見るたびに憂鬱になるくらいならこの際掃除してしまった方が気持ちも楽になるでしょう。毎日掃除しない分、徹底的にやってしまおう。

小麦粉

ここでも小麦粉が大活躍します。
小麦粉を換気扇の汚れた部分にたっぷり振りかけて数時間置いておく。
すると油分を小麦粉が吸収して、汚れが落としやすくなり、後は布で拭き取るのみ。
重曹でも同様に掃除ができます。

魚焼きグリル

魚焼きグリルをタワシで目の敵のようにこすっている場合ではない。そんなことをする前に伝授したい裏技があります。

茶がら

茶がらは油を吸収してくれるのでお茶を飲んだあと、茶がらをそのまま捨てずに再利用しましょう。

魚を焼き終えた熱い内に茶殻を振り入れる。そして冷めてからスポンジで洗うだけで汚れが落ちます。さらにお茶の脱臭効果で魚の臭いもスッキリとれてしまうのです。
紅茶やコーヒーかすでも同じような効果が期待できるのでお試しを。

魚焼きグリルの受け皿は?

お米のとぎ汁

魚を焼くときに受け皿にお米のとぎ汁を入れておくと汚れにくくなります。
お米のとぎ汁にはアルカリ成分が含まれているので脂汚れに強いのです。

電子レンジ

電子レンジの汚れもやっかい。機械だけに下手なことをすると壊れてしまわないか心配になります。

お湯をチンするだけ

電子レンジ内部の汚れを浮き上がらせるために、お湯を耐熱容器にいれて、レンジ内に水蒸気が行き渡るまで加熱。後は布などで汚れを拭き取るだけです。
お湯に酢を混ぜてチンすれば除菌と脱臭効果もプラスできる。

重曹を入れてもOK!

余談ですが、最近の若い人は「チンする」とは言わないんですね。というか死語らしい。
今は「チン!」と鳴る電子レンジが少ないからなんですけど、じゃあなんて呼べばいいんだ!と悩んでしまいました。「加熱する」という普通の言葉が出てこなかった。

オーブン

o-bun2

オーブンの掃除についても少し触れておきましょう。
(さっきの話の続きだが、オーブントースターもチン!と鳴るではないか!!
これも「チンする」と言わないのだろうか?)

ミカンの皮

出ましたみかんの皮。このミカンの皮を焦げ付かない程度に焼くと
脱臭効果とミカンの香りが楽しめます。

冷蔵庫

酢&塩

冷蔵庫って野菜くずや飲み物がこぼれてしまい、すぐ汚れてします。
だけど食べ物を入れるところだからあんまり洗剤を使いたくない。
そこで活躍するのが酢と塩。
酢を水で2~3倍に薄めてスプレーします。そこに酢をまいて布で拭き取るだけ。
扉などの手アカも酢水でおとせてしまうから便利。

冷凍庫

冷凍庫の大敵といえば霜。霜を劇的に取り除く方法を紹介しましょう。

アルコール

アルコールは温度が低くても凍ることはありません。そして霜だけを分解してくれる働きがあります。そこで霜と壁の間にアルコールを少し垂らしてしみこませてやると簡単にパカッと取れてしまいます。けっこう爽快です。

鍋の焦げって意外とどうしたら落ちるか知らないもの。
この機会に覚えておきましょう。

酢で煮込む

ステンレス製の鍋が焦げてしまったら酢と水を入れて温める。グツグツ沸騰させなくても落ちてしまいます。ステンレスではなく、アルミ鍋、ほうろう鍋の場合は米のとぎ汁に1晩つけておくと簡単にはがれ落ちます。

フライパン

フライパンの油汚れはなかなかやっかいだ。そんな時...

ティーバック

使い終わったティーバック捨てるのちゃっと待った!
そのティーバックでフライパンをこすってみましょう。油が落ちやすくなります。
またフライパンは調理が終わったら熱いうちにぬるま湯で洗うと汚れがすぐ落ちるんですよ。

まな板

まな板は毎日使うもの。できればきれいに保ちたい。

木製のまな板は塩を使うと新品のようにキレイに。まず塩をまな板に適量振りまきます。その後たわしで木目に沿ってこすり水で洗い流すだけ。肉や野菜の臭いも取れて除菌効果もあります。

除菌だけなら酢でもできます。熱湯をかけたまな板に乾いたふきんをかぶせて酢水をかけ1時間放置。あとは水で流すだけ。

電気ポット

電気ポッドってすぐ湯アカがついてしまう。そんな時...

やっぱりここでも酢が活躍。ポットに酢と水をまぜいっぱいにします。
そのままお湯を沸かすだけです。沸騰したらそのまま数時間放置してお湯を捨てる。
これだけで驚くほどキレイに落ちます。寝る前にやっておけば次の日にキレイな状態で使えますよ。

やかん

yakan2

やかんの湯アカもついでに落としておきましょう。

濃い塩水&酢

頑固な湯垢は磨いてもなかなか落ちません。そんなとき、濃い塩水をヤカンにいっぱいいれ、更に酢を入れて混ぜます。しばらくそのまま放置するだけけで湯アカが落としやすくなります。

キッチンの床は想像以上にいろんなものがこぼれているので毎日掃除したいものです。
でも洗剤は滑ってしまうかもしれません。

米のとぎ汁

そんなときには米のとぎ汁。ぬかに含まれる油にはワックス効果があるので床がピカピカになります。ぞうきんをとぎ汁に浸して固く絞って拭くだけ。2度拭きも必要ないので手間がかかりません。

食器洗い

洗剤を毎日使っていると手荒れで悩む人も多いだろう。

米ぬか

台所洗剤が無かった時代に活躍したのが米ぬかです。
使い方はスポンジに直接米ぬかを振りかけて使うか、食器や鍋に振りかけてもOK。
米ぬかに含まれるサポニン成分が汚れを吸着し、細かい粒子が研磨剤の役目をしてくれるので油汚れも意外と落ちます。手荒れどころか手もすべすべに♪

グラス

koppu2

グラスの曇りも気になったらスッキリ落としてみましょう。
洗剤をつけたスポンジに更に酢を含ませて磨くと曇りがとれてしまいます。

卵のカラ

コップや湯のみ、水筒、ポットなどは細かく砕いた卵のカラを水を入れてシャカシャカ振るだけでキレイになります。

湯のみ、水筒

湯のみや水筒についた茶渋は普通に洗っただけでは落ちません。

湿らせたスポンジに塩をつけてこすればキレイに落とせます。

ジャガイモの皮

水筒やポットなどはジャガイモの皮とゆで汁を入れて振ると茶渋がスッキリ落ちます。

まとめ

いかがでしょうか?いつもすぐ捨てるものを使ってここまでさまざまなキッチン用具をキレイにすることができます。手荒れもなく、経済的なのでぜひ今日から捨てる前に試してみてください。

ちなみにわたしはこの方法を知ってからキッチン周りの掃除が少し楽しくなり、知り合いの家に行ってお呼ばれしたときに「あ、そのじゃがいもの皮はね」「あ、この小麦粉はね」とか言ってたら「おまえは姑か!」とつっこまれました(笑)。

知り合いにも教えてみたところ、子供が「料理手伝いたい」ってくることがあるそうなんですが、包丁を握らせるのは怖いし、それ以外に手伝ってもらうようなことがない。そんなとき「じゃあそのじゃがいもの皮で台所こすってみて~」というと喜んでやってくれたのだそうです。知っておいてよかったと思いました。

スポンサードリンク

One thought on “それ捨てるの待って!!キッチン掃除で使える以外な食材と裏技

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください