鳥取・島根のローソンとポプラが合体!!

コンビニのローソンとポプラ(広島市)が、鳥取、島根の両県に「ローソン・ポプラ」の名称で新型店舗を出店します。鳥取県では11/20にオープン。場所は鳥取市と米子市。詳細は以下。

スポンサードリンク

ローソン・ポプラの場所

ローソン・ポプラ鳥取緑ヶ丘店
(旧ポプラ鳥取緑ヶ丘店)
場所/鳥取県鳥取市緑ヶ丘3-9-17
鳥取県鳥取市緑ヶ丘3-9-17
ローソン・ポプラ米子西河崎店(旧ポプラ米子西河崎店)
場所/鳥取県米子市河崎3298-8
鳥取県米子市河崎3298-8

セブンイレブンに対抗か?

ローソン・ポプラができた背景には経営不振に加えて、鳥取にセブンイレブンが進出してくるのが大きな原因だと思います。(ローソンはポプラに約5%出資しているし鳥取県のポプラはどんどん無くなっているので吸収合併なのかな?と思ったけどそうではなく、あくまで協力してお店を出すという形だそうです。)

新型店舗「ローソン・ポプラ」今後の展開

11月に2店舗程度の実験店をオープンし、来春から希望するポプラ既存店を順次、新型店に切り替えていきます。新型店では、知名度の高いローソンの商品と、ポプラの看板商品である弁当(ポプ弁)を取り扱います。

また、両社は、企業や学校、病院、駅など小規模商圏(マイクロマーケット)向け店舗の出店を進めます。こうした店舗は、人口減・商店が撤退している山間部地域にはありがたいですね。15年度に30店舗、16年度50店舗、17年度以降は70店舗を展開する予定。

ツイッター

Photo by:中日新聞

スポンサードリンク

とりあえず何か書いてく?(・ω・`)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください